生産体制
生産体制 アイキャッチ画像

高知から生青汁が届きます

午前中に生ジュースが届く!

新鮮な絞りたての「遠藤青汁生ジュース」が関東圏の方にも届けられるようになりました(クール便でお届けします)

※お届けできる地域

九州・関東・中部・北信越 エリア(詳しくはお問合せください)

nouka

四国各地のケール菜園

当社では、青汁の原料に、地中海やヨーロッパにおいて薬草としてもポピュラーなキャベツの原種「ケール」を使用しています。収穫から加工、そして宅配まで新鮮さが命の青汁ですから、自社菜園と契約農家による当社独自の自然農法により、栽培したものを使います。生のジュースとして毎日安心してご愛飲いただくために、ハウス栽培を一切せず、地元で採れる素材を丸ごと生かす一貫した自社生産で、青汁は作られます。

kojyo

お手元までの万全の衛生管理

当社工場内では、全製造過程を「クリーンルーム」内で処理しており、衛生管理体制を徹底しています。

収穫したばかりの新鮮なケールを丸ごとジュースに使用しているため、洗浄からミクロカッティング、瓶詰めまでスピーディな流れ作業が要求されます。

食は一物全体

消化吸収率を上げるために繊維質を100%生かすミクロカッティングのできる設備を導入しており、青汁の命である「素材」を無駄にしておりません。

鮮度を保持したままお客様のお手元までお届けしています。

(工場:高知センター)

keieisya

経営者の皆様へ

自分の健康を守るのは個人の責任
社員の健康を守るのは会社の責任

これから厳しい時代を向かえ医療費もどんどん上がってきます。自分の健康は自分で守らないといけない時代がやってきました。これからは、会社の激務にも耐えうる身体づくりが必要かと思います。
また会社側にとっても社員は財産です。これからの厳しい時代を生き抜いていく為にも社員の健康が心配です。
経営者の皆様、遠藤青汁はけっして美味しいものではありませんが、是非社員の皆様の健康増進・病気予防のためと考え、率先垂範して取り入れてみて下さい。みんなが健康について考える会社になるキッカケづくりとなると確信しております。そしてこれから起りうる苦難に立ち向かってもらいたいと思います。
遠藤青汁飲んでガンバロウ!

『血液の濁りがすべての病気のもと』 遠藤仁郎博士の持論

社員の健康を考え、福利厚生として会社から提供する。
社員食堂または、社内で販売し、自己管理を促す。
幹部や中間管理職など重要なポストの社員に病気予防を習慣づける。

気力、体力の充実は、まず、健康であること。遠藤青汁を毎日続けることで、健康管理・病気予防に、繋がります。ご家庭ではもちろん、会社でも意識づけていただきたいと思います。

bin-10

遠藤青汁『生』をお試しください!

ヤマト運輸の協力・提携により、四国発送で翌日配送エリアにはお届けが可能になりました。遠藤青汁ジュースは、生の成分をそのまま活かすため、消費期限が三日間しかありませんので要冷蔵の上、よく振ってお早めにお飲みください。