夏場にお勧めの豆乳青汁

夏場に不足しがちな栄養素はビタミン・ミネラルそれにタンパク質

夏場の発汗で、失われるミネラルは一日の所要量の2倍近くになるともいわれています。ですから、水分だけでなく塩分・カルシウムなどのミネラルはもちろん、タンパク質も合わせて補給する事をすすめられています。

食欲が落ちる夏場はビタミン類も不足がちになります。 特に、ビタミンA、B1、B2、Cは不足すると脱力感や倦怠感が現れてくるといわれていますし、水溶性ビタミンは体内に蓄積されずに尿中に排出されてしまうので、必要量を毎日補給する必要があります。

こうしたミネラル・ビタミンを補給するには、まず、日頃の食生活で野菜・果物を 多めに摂取することが有効で、特に旬のものがおすすめです。夏場の旬の野菜としては、キュウリ・トマトなど、 果物では、スイカ・モモ・などです。また、野菜ジュースなども有効です。

大豆は栄養価が高く、元気な体・ツヤツヤなお肌に欠かせないタンパク質が豊富に含まれていますので、豆乳は食欲がおとろえがちな季節の栄養補給にもピッタリです。