愛媛県は肝がん死亡率 ワースト1位

特に伊予市は、C型肝臓疾患の方が多いので知られいます。

肝がん死亡率(75歳未満年齢調整死亡率)
2014年度ワースト1位※という状況の愛媛県。
肝がんの多くはB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染が原因であることがわかっていますが、肝炎ウイルスに感染していることを知らない、知っていても専門医療機関に受診していない方々が多数いると推測されています。

がん予防で必ず指摘されるのが「食の大切さ」です。多くのがんは日頃の生活習慣によるところが大きいため、毎日の食事がきわめて重要です。
特に新鮮な旬の野菜には、抗がん作用や抗酸化作用のある成分が含まれている為、「がん予防に効果的」と国内外のあらゆる機関が発表しています。

 遠藤博士は、自然治癒力UPの為にも青汁を中心と
した自然食『イモ・マメ・ナッパ』食を推奨しています。